首位打者のドリナイss日記(スマートフォン版ページへの表示切替推奨)

1970年02月

Screenshot_2016-01-26-16-24-04~2
・前半が72時間
・後半が96時間


ポイント内訳
Screenshot_2016-02-26-15-43-01~2


ランキング報酬
Screenshot_2016-02-26-15-41-26~2

Screenshot_2016-02-26-15-42-13~2


トロフィー報酬
Screenshot_2016-02-26-15-43-12~2


累計報酬(重要なものを厳選)

1000→1エナジー
15000→1エナジー
30000→1エナジー
80000→1エナジー
140000→1エナジー
300000→5エナジー
400000→★5ボックス
600000→★5ボックス
1000000→★6ボックス
1500000→★5ボックス
3000000→★6ボックス
5000000→限界突破コーチ★5
7000000→20エナジー
10000000→★7ボックス
以降500000毎に★5ボックス

2016年 3/23~3/29に開催されたものも内容そのものは全く同じ。
(開催期間の違いにより、実質的に累計報酬の獲得難易度には変化がある。)


・毎日チケット3枚配布
・青ボールでチケット1枚確定
・通常ボールでのチケット獲得率は5割程度

アイテムの配置
(フィギュアで隠れているのは200スカウトPと連携の書)
Screenshot_2016-02-25-16-20-54~2


ランダムボックス報酬
Screenshot_2016-02-25-16-23-06~2


周回報酬
Screenshot_2016-02-25-16-20-30~2

本記事では「トレードの仕様」でも触れたことを更に詳しく説明しております。


2013シリーズ

2013シリーズは「超・作戦」および「極・作戦」がどのレアリティにも存在しません。
(2013OBは超・作戦ですがトレード不可なので意味なし。)

よって、この設定は一見お得なトレードに見えますがそもそも誰にも成立することが出来ません。
Screenshot_2016-02-13-10-39-07~2


2014シリーズ

2014シリーズにはどのレアリティにも「極・作戦」が存在しません。

なのでこの設定は成立することが出来ない、意味のない設定となってしまいます。
Screenshot_2016-02-13-10-39-55~2


もう1つ注意が必要なのがこのような設定。
Screenshot_2016-02-13-10-40-39~2
2014シリーズの★6やフランチャイズ選手などは「超・作戦」しか存在しません。

よって上の画像のただの「積極打撃」の2014★6柳田は存在しない為、この設定は落とすことが出来ません。



2015シリーズ

2015シリーズの★6や★7、選手会長やムードメーカーには「極・作戦」しか存在しません。

Screenshot_2016-02-13-10-41-15~2

よって、このような設定は落とすことが出来ません。




以上、シリーズ・レアリティごとの作戦の特徴を挙げてみました。



「落とせない設定」で手持ちのフィギュアを並べて見せびらかしたり、純粋に設定ミスだったり、知識不足だったり……というのはよく見かけます。
しかし、この仕様を利用した悪意のある設定には注意が必要です。

また、悪意のない ただの設定ミスであっても知らず知らずのうちに他人に損害を与えてしまう可能性はあります。

このような設定ミスは誰も得しないので、トレード設定する前に改めて内容を確認した方が良いでしょう。

このページのトップヘ