Screenshot_20160606-162114~2


前回開催時のランキング報酬などの詳細はこちら


《全ユーザー共通》

“ライジング”や“ミリフェス”と違い、このイベントはヒーローオーダーを限界突破する意味があまりありません。
(参考画像)
DSC_0001~2
本気で走る場合は可能な範囲で限界突破をしておくべきですが…例えば画像の岩隈を超4→超5にする価値があるかというと怪しいところです。
本気で走らない場合は一切ヒーローオーダーに手をつけなくて良いでしょう。



球団施設が終わっていないユーザーはこのイベントで消化しましょう。
特に“ロッカールーム”はこのイベントで上げないとなかなか面倒です。
Screenshot_20160606-162551~2




あとは選手の本契約についてです。
流し気味で走っていても色々な★6と仮契約するチャンスがあり、「億単位で走れば狙った選手を獲得できるのでは?」と思えてしまうかもしれません。
しかし、狙っている選手は出ないものだと思って下さい。

「★7山田が欲しいから走る」という強欲な目標はもちろん、「ある程度高レートな選手が欲しいから走る」という漠然とした目標の達成すら厳しいものがあります。
(過去に★6狙いで5億,★7狙いで15億と2度走った経験がありますがどちらも満足のいく結果にはなりませんでした。)


Screenshot_20160606-163256~2

コスト不足対策として優秀な自分用選手ですが、こちらも狙った選手を契約するのは難しいです。
色や作戦は妥協することも視野に入れましょう。

※蛇足な補足※
非常にコストパフォーマンスの良い自分用選手ではありますが、あくまでコスト不足の解決を先伸ばしにしているだけであり、これに頼りきっていると後々痛い目にあいます。

コスト不足の一番の解決策は単純に“総コストを上げること”であるのをお忘れなく。



《無課金ユーザーの過ごし方》

“球団施設”と“自分用選手”どちらにも用がなければ一切走る必要のないイベントです。
“超スタジアム”を引いたからといって無駄にアイテムを消費しないようにしましょう。

100位以内狙いは絶対に無理…とまでは言いませんが、効率が悪いのでオススメはしません。



《課金ユーザーの過ごし方》

上の通り、無課金者は完全に蚊帳の外に追いやられている状態です。
その為、100位以内の★7BOXも他のイベントに比べれば獲得し易いかもしれません。


100位以内を狙う場合は11連レポートと単発レポートを必ず一度ずつは引いておきましょう。
Screenshot_20160606-182100~2
高レアリティ選手の排出率に倍率が掛かっていない残念なレポートではありますが、獲得選手によるヒーローオーダーの強化によって最終的にはレポートを引かなかった場合よりも消費エナジー・プレイ時間ともに少なくなります。完全に引き得です。



100位狙いの更に上、つまり10億以上での★7との契約はドリナイssというアプリの中でも最難関クラスのハードルの高さとなっています。
Screenshot_2016-03-23-08-41-38~2

700エナジーぐらいの消費は覚悟して下さい。